頭皮の問題

良いシャンプーで頭皮を守りたい

私ごとですが、冬でも紫外線対策をかかさず行っています。

 

顔や身体は勿論、一番気を付けている箇所は頭皮です。頭皮は顔よりかなり水分量の少ない部位だって事、知っていますか?

 

化粧水や乳液で水分を補える顔に対して頭皮は無防備な状態。

 

髪の毛があるので水分補給は不可能です。

 

しかも外出すると紫外線が真上から降り注ぎますから、どうしても紫外線によて頭皮の水分が奪われてしまうのです。

 

その結果キューティクルは剥がれ、髪の毛の成分が流れてしまいます。

 

土台が悪くなればそこから生える髪の毛も決して健康的だとは言えません。縮れ毛や切れ毛は勿論、抜け毛に発展してしまいます。

 

又水分量が減ると頭皮が固くなり血行不良を起こしやすくなってしまうのです。

 

この様な状態を改善する為には頭皮ケアが必要不可欠となります。

 

例えばシャンプー前のブラッシング、質の良いシャンプーで洗う、すすぎをしっかりと行う事です。

 

 

特に質の良いシャンプー選びは大切で、ドラッグストア等で安く売られているシャンプーを使っている人はアミノ酸系シャンプーにシフトする事をお勧めします。

 

 

頭皮への刺激が少ないのが何より良い点ですが、他にも保湿効果がありますので紫外線のダメージによる頭皮の乾燥を防げます。

 

 

しかし洗浄能力が弱いので、慣れないうちは洗った後の爽快感がなくて物足りなく思うかもしれません。

 

泡立ちも今一つなので、しっかりとお湯で濡らして泡立ちやすい状態にしてから使う方が良いです。

 

又ドラッグストアで販売しているシャンプーに比べてお値段が高めです。それでもアミノ系シャンプーを使うメリットの方が大きいですから、是非一度試して頂きたいと思います。

 

紫外線対策を徹底する事も大切で、私は日傘・帽子を冬でも愛用しています。とにかく頭皮を守って健康的な状態にしてあげる事の積み重ねが大切なのです。

 

 

 

抜け毛に悩まされるとは思いませんでした・・

昔は髪の毛が太くて多く、将来ははげることはないと思っていたのですが、最近抜け毛が多くなってきた気がします。

 

最近朝起きると枕に結構な量の髪の毛が落ちていますし、洗髪後の排水溝を見ると多くの髪の毛があり、抜け毛が心配になってきました。

 

最初は気のせいと思っていましたが、やはり昔より明らかに髪の毛が細くなっていますし、なにより抜ける量が気になるようになったのであれば、早めに対策をした方が良いですよね。

 

調べてみると、抜け毛の原因は様々あるようで一番の要因は生活かもしれません。

 

私は食事の時間が仕事の関係上バラバラであり、時には食べないこともあります。また、深夜まで仕事があることがあり、慢性的に睡眠不足になっています。

 

 

食生活や生活リズムが安定していなと抜け毛の原因となってしまうそうですが、食事は改善出来ても仕事で睡眠時科の確保はなかなか難しいので、生活リズムの安定化はしにくいのが現状です。

 

 

また、洗髪の仕方も問題あるようで、私は頭はゴシゴシと洗いたい方なのですが、この洗い方は髪の毛にはNGらしく、指の腹で優しくなでるように洗う方が良いそうです。
抜け毛用のシャンプーも沢山販売されていますし、CMでよく聞くシャンプーをとりあえず購入しました。

 

 

当面は食生活と洗髪のやり方を変えて様子を見ようと思います。幸いまだ見た目上は髪の毛が多く見えているので、今のうちから薄毛にならないように対策していこうと思っています。

 

病気にならないためには・・

性病に感染しない為には、コンドームの正しい使用に尽きます。

 

しかしコンドームを正しく使用したのに性病に感染してしまうという悲しい事例もあるのです。性病に感染しない為に、コンドームの正しい使用以外で心掛ける事は何なのでしょうか。これから1つずつ挙げていくので参考にして下さい。

 

信頼できるパートナーとだけ性行為をする

不特定多数との性的な関係は避けるべきであり、恋人や配偶者など信頼できるパートナーとだけ性行為をする様にしましょう。

 

身体は常に清潔に

 

身体を不衛生にしていると、病原菌が多く住み着いてしまいます。日頃から身体や頭は清潔にしておくこと、性行為は室内で行うのが理想であり、野外での性行為は控えること、男性の場合は包茎も性病に関係してきます。仮性包茎の人は性器を綺麗に洗うこと、真正包茎の人は治療を行うのが理想です。

 

 

性行為の際相手の性器を確認する

性病の種類にもよりますが、性器にイボやブツブツが出来る場合があります。女性の場合、性器から悪臭がしたり分泌物が異様に多かったりします。性行為をする際は、相手の性器を自分自身の目や鼻でこっそり確認すると良いです。

 

 

体調を整える

体調不良の時は、身体の抵抗力が低下しています。普段ならかからないような感染症にも感染してしまうリスクがあり、これは性病のリスクも同じなのです。体調不良の際は性行為を控え、ゆっくり安静にして体調を回復させましょう。また生理中は肌がデリケートになっています。傷がついて傷口から病原菌が入るかもしれません。生理中の性行為も控えるべきです。

 

 

性病検査はパートナーも一緒に行う

もし自分が性病に感染しているかも・・と思ったら、出来るだけ早く検査を受けるべきです。そして陽性ならきちんと治療を受けましょう。更にパートナーも感染している可能性があるので、検査や治療は2人で一緒に受ける事が重要です。ピンポン感染を防ぐ為にも心掛けて下さい。